イラスト:ハゼノキ(はぜ)

ハゼノキ(はぜ)

特徴

  • 果実から木蝋を採取する資源作物。雌雄異株の高木で、樹高は10mほどになる。樹皮は灰褐色から暗赤色。
  • 葉の表面は濃い緑色で光沢があるが、裏面は白っぽい。表裏ともに毛がなく、秋に紅葉する。花は、雄花、雌花がある。
  • 秋に扁平な球形の果実が熟す。表面は光沢があり無毛。未熟果実は緑色で、熟すと淡褐色になる。中果皮は粗い繊維質で、高融点の脂肪を含んだ顆粒が充満している。
  • 果実を蒸して圧搾して採取される木蝋、和蝋燭、坐薬や軟膏の基剤、ポマード、石鹸、クレヨンなどの原料として利用される。 木材は、工芸品、細工物などに使われる。