イラスト:ナツハゼ

ナツハゼ

特徴

最盛期:10月~11月

  • 山地や丘陵地に生育する。高さは1.5~3mになり、樹皮は灰褐色で縦に裂け、薄い縦長の裂片となってはがれ落ちる。
  • 葉は長さ1~2mmの葉柄があり、葉身は卵状楕円形で、長さ4~10cm、幅2~5cmになる。花期は5~6月で新枝の先端に長さ3~4cmの総状花序を出す。花冠は赤みを帯びた黄緑色で、長さ4~5mmある。果実は径7~8mmになる球形で、黒色に熟す。
  • 果実は、生食のほか、ジャム、果実酒に加工できる。