イラスト:トチノキ(とちの実)

トチノキ(とちの実)

特徴

最盛期:10月~11月

  • 谷筋の林にある。老木の肌は厚く、皮の剥げたところに紋様ができている。
  • 葉は輪になってついており、葉脈は斜めの線になっている。花は筒状に咲く。秋に実ができざらついた茶色の革が3つに割れ、中に濃い褐色の種子が1つ入っている。
  • 落ちた種子を拾い集める。大変アクが強く、種子をすり潰して水の中に数日間放置し、沈殿させたでんぷんをもち米と混ぜて挽いて粉にし、とち餅やせんべいにする。

» 関係者ページ