イラスト:サンショウ

サンショウ

特徴

最盛期:4月

  • 野山の雑木林に生えているが、庭木にもよく植えられている。大きなもので高さ5m 近くになる。多くの枝をだし、葉の基部に棘が2本ずつ出る。
  • 特有の香りをしている。若芽と黄緑色の小花、夏の緑色の若い実、秋の真っ赤な実、黒い種子が顔を出した実などそれぞれの時期で利用法がある。
  • 薬味の他、若芽はゆでてアク抜きし、佃煮にする。すり鉢ですって山椒味噌もできる。青い実は半日ほど水につけ、醤油、みりん、酒で漬け込む。塾果は皮だけを天日干し後、保存し、すり鉢でする。

» 関係者ページ