イラスト:カヤ

カヤ

特徴

最盛期:10月

  • 山地にもあるが神社などに多く植えられている。
  • 葉は表面につやがあり、葉先が針のようにとがっている。前年に伸びた枝先に緑色の表皮に包まれた実をつける。熟すと紫褐色になって割れ、茶色の種子が出てくる。昔は胚乳から油を採った。
  • 実が落ちているのを拾い集め、表皮を剥いて中の実を出す。水にさらしよく茹で、煎って食用とする。

» 関係者ページ