能登山菜のページへ 6次産業化のページへ

HOMEいしかわ耕稼塾

いしかわ耕稼塾

■県内で農業を始めてみたい方のコース
■農業に興味がある一般の方のコース
■プロ農業者をめざす方へ
■特別研修・特別講義
■開放セミナー・駅前アカデミー

 「いしかわ耕稼塾」では、プロ農業者から農業の応援団までの幅広い人材の養成を行うため、各種研修を実施しており、いしかわ農業総合支援機構が運営しています。新規就農者への実践的なトレーニングをはじめ、プロの農家の経営感覚を磨く研修、消費者の方々に農業の大切さを知っていただくための農業体験など様々なカリキュラムとなっています。

※「いしかわ耕稼塾」名称の由来
 加賀藩の農業の父といわれる土屋又三郎が作成した農業経営の指南書「耕稼春秋(こうかしゅんじゅう)」にちなんで名付けられました。

農業経営の指南書「耕稼春秋(こうかしゅんじゅう)」の写真
 

●お問い合わせ先
 いしかわ耕稼塾事務局(公益財団法人いしかわ農業総合支援機構)
〒920-8203
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4F
TEL 076-225-7621 FAX 076-225-7622
URL http://www.inz.or.jp/ E-mail info@inz.or.jp
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

県内で農業を始めてみたい方のコース

●予科

 石川県内で就農したいと思っている方が、週に1回、就農に必要な基礎的な知識や技術を学ぶコースです。

1 対象 石川県内で就農を希望する方(就農時に65歳未満の方)

2 内容 研修ほ場での栽培実習と講義
 (1)実習
  ・農林総合研究センター河北潟研修館に設置している研修ほ場での共同作業による栽培実習
  ・同研修ほ場一画のチャレンジほ場での個別作業による栽培実習
 (2)講義 実習作物についての栽培方法及び就農に必要な基礎知識
 (3)その他 流通・販売に関する特別講義

3 部門 野菜

4 期間 4月~翌年3月 週1回
  毎週水曜日か土曜日のいずれか(それぞれ9:00~15:00頃) 約40回

5 場所 石川県農林総合研究センター河北潟研修館(石川県河北郡津幡町字湖東395)

6 費用 テキストなどは自己負担(3,000円程度)

7 定員 40名程度(水・土曜日コース、それぞれ20名程度)

 

●本科

 石川県内での就農を決意している新規就農希望者が、必要な技術や知識を基礎から学ぶコースです。

1 対象 石川県内で就農を希望する方(就農時に60歳未満の方)

2 内容 研修ほ場での栽培実習と講義
 (1)実習
  ・農林総合研究センター河北潟研修館に設置している研修ほ場での共同作業による栽培実習(野菜)
  ・農林総合研究センター、畜産総合センターなどでの栽培(飼養)技術などの実習(花き・果樹・水稲・畜産)
  ・農家派遣研修
  ・農産加工研修
 (2)講義 土壌肥料、経営管理、農業簿記など農業経営に必要な基礎知識(原則毎週水曜日)
 (3)その他 先進農家視察、流通研修

3 部門 野菜・花き・果樹・水稲・畜産

4 期間 4月~翌年3月
  月曜日~金曜日(8:30~17:15) 約240日間
  ※ただし、当番制による土・日の管理作業あり

5 場所
 (1)実習 石川県農林総合研究センター(石川県金沢市才田町戊295-1) 
               同    河北潟研修館(石川県河北郡津幡町字湖東395)
               同    砂丘地農業試験場(石川県かほく市内日角井5-2)
               同    畜産試験場(石川県羽咋郡宝達志水町坪山)
 (2)講義 石川県農林総合研究センター(石川県金沢市才田町戊295-1)

6 費用 テキスト、小農具(ハサミ、鍬など)は自己負担(20,000円程度)

7 定員 16名程度

 

●専科

 自立経営による就農を明確に意識した新規就農希望者等が、露地やビニールハウスで野菜栽培による模擬経営を行い、就農に必要な技術や知識を習得します。

1 対象 就農に必要な基礎的な技術・知識を有し、石川県内で自立経営による就農を希望する方(就農時に60歳未満の方)

2 内容 専属講師の下、栽培から販売までを自ら計画して実践(ハウス及び露地)
 (1)実習(模擬経営)
  ・露地(20a)およびハウス1棟(6m×40m)における栽培実習
  ・直売所などでの販売実習
 (2)その他 希望者は流通・販売に関する特別講義や本科の講義の受講が可能

3 部門 野菜

4 期間 4月~翌年3月
  毎日(ただし、自己の経営判断による)

5 場所 石川県農林総合研究センター河北潟研修館(石川県河北郡津幡町字湖東395)

6 費用 10,000円/月の負担金(農業機械のリース料相当分)
      小農具、種苗、肥料、資材等は自己負担

7 定員 8名程度

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

農業に興味がある一般の方のコース

いしかわの農業学ぼうコース

 農作物の種まきから収穫までを体験します。作物を育てるために必要な農作業を実地で経験しながら農業の苦労や喜びを体感し、農業へ関心や理解を深めていただくコースです。

1 対象 石川県にお住まいで、農業に関心を持ち、農業を理解しようとする方

2 内容 種まき、草取り、間引き、収穫などの農作業体験

3 部門 野菜

4 日程 夏期コース:5月末~8月上旬  秋期コース、冬期コース:9月上旬~12月中旬
   (いずれも期間中3~5回程度を予定)

5 時間 午前9時30分~11時30分

6 場所 石川県農林総合研究センター河北潟試験地(石川県河北郡津幡町字湖東395)

7 定員 夏期は各100名程度 秋期コース、冬期コースは50名程度

8 参加料 夏期、秋期コースは1,000円/組 冬期コースは2,000円/組

・「学ぼう8日間コース(学ぼうコース8)」

 家庭菜園経験者などで農業を詳しく学びたい人を対象としています。土づくり、育苗管理、施肥、防除等、野菜栽培の基礎技術を学んでいただくコースです。

1 対象 石川県にお住まいで、農業をさらに深めたい方

2 内容 土づくり、育苗、施肥、防除技術などの講義と実習

3 部門 野菜

4 時間 9時30分~11時30分

5 場所 石川県農林総合研究センター河北潟試験地(石川県河北郡津幡町字湖東395)

6 定員 25組50人程度

7 参加料 2,000円/組

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ農業者をめざす方へ

●経営革新スキルアップコース

 企業的農業者をめざす農業後継者や認定農業者の方に向け、新しいビジネス戦略づくりに必要な経営力や販売力を培うための講義・演習を行います。ワークショップや異業種交流を行う「集中合宿演習」など、実践的なメニューが盛り込まれています。

1 対象 プロ農業者をめざす県内農業後継者、認定農業者

2 内容
(1)講義 新しいビジネスモデルの構築、企業理念の策定、戦略的マーケティングなど
(2)演習 経営戦略の策定と実践、組織コミュニュケーションと人材マネジメントなど

3 期間 7月~3月 月に2回程度の講義・演習や1泊2日の合宿研修

4 場所 石川県地場産業振興センターほか

5 定員 10名程度

 

●6次産業化研修

 一次産業としての農業から二次、三次産業への事業の拡大や二次産業、三次産業と連携した取り組みを実践できる農業者等の育成を目的に、流通・販売、取引・契約等に関する基礎知識を農業者の視点から体系的に学びます。

●経営継承講習会、経営継承実践研修

 次世代に農業経営を円滑に継承できるよう、農業者の方に心がまえや手法などを講習します。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

特別研修・特別講義

 財務・会計、経営分析、マーケティング、6次産業化、労務管理、人材育成、企業参入など、受講者のニーズに沿った幅広いテーマのもとで特別研修を行います。

▲ページTOPに戻る
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

開放セミナー・駅前アカデミー

 一般県民や就農希望者の方々に、農業をもっと知りもっと関心を持っていただく、あるいは職業としての農業について理解を深めていただくためのセミナーを開催しています。

▲ページTOPに戻る
 


公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20 石川県地場産業振興センター新館4F TEL076-225-7621 FAX076-225-7622 免責事項のページ 個人情報についてのページ お問い合わせのページ